林智行

■研究分野■
スピノザ、圏論、形而上学

■履歴■
2001年4月 京都大学法学部 入学
2006年3月 京都大学法学部 卒業
2020年4月 京都大学大学院文学研究科 思想文化学専攻 哲学専修 入学

■自己紹介■
スピノザ『エチカ』に対して、具体的な圏を構成することを通じてその特徴を読解することを試みています。現在は、スピノザにおける個物と個体の問題を中心に読解を進める一方で、一元論やメレオロジーといった現代の分析形而上学との連絡を圏論を通じて考察しようとしています。

■業績■
院試提出論文「スピノザ『エチカ』と圏論——準実体の随伴関手による構成」