貝津公剛

研究分野■
ウィリアム・ジェイムズ、プラグマティズム、認識論

■履歴■
2016年4月 京都大学文学部 入学
2020年3月 京都大学文学部 卒業
2020年4月    京都大学大学院文学研究科思想文化学専攻哲学専修 入学

自己紹介■
学部ではウィリアム・ジェイムズのプラグマティズムの原理の解釈を研究していました。今後はプラグマティズムとともに認識論にまで裾野を広げていきたいと考えています。

■業績■
卒業論文「ウィリアム・ジェイムズの意味の理論」